ルボックスの副作用と離脱症状

ルボックスの効果

ルボックス

ルボックスは、うつ病や強迫性障害、社会不安障害の治療に用いられるお薬です。落ち込んだ気分を和らげる働きがあり、意欲が高まるお薬です。不安や緊張した気分をほぐしてくれます。

 

脳内の神経伝達物質、セロトニンの濃度を高め神経の伝達がよくなります。その効果で、うつ状態が改善し、気分もよくなる作用が得られます。ルボックスは、副作用が少ないお薬です。


ルボックスの副作用

ルボックス

ルボックスは、従来のお薬よりも副作用は少ない安全性の高い薬です。主な副作用は、吐き気や食欲不振、口の渇き、便秘などです。排尿障害や性欲低下などの副作用もあります。

 

重い副作用として、「セロトニン症候群」があります。「セロトニン症候群」は、混乱状態や発熱、けいれんなどの症状がおこります。あと肝機能障害もあるので、注意が必要です。

 

ルボックス薬を使わずにうつ病を改善する方法はこちら


ルボックスの離脱症状と断薬

ルボックス

ルボックスの服用を急にやめてしまうと、うつ症状が悪化したり、身体の調子が悪くなったりします。断薬は、離脱症状がでるので、量を減らすときは医師の指示に従いましょう。

 

うつ病でルボックス錠を服用する場合、症状が改善してからも、しばらくの間は少量のルボックス服用をつづけることもあります。いまゆる「揺りもどし」による鬱病の再発を防ぐためです。

 

トップページに戻る・薬の一覧 ⇒ うつ病 薬の種類と副作用



体力系アルバイト